Q.ベンチプレスと腕立て伏せって何が違うの?
ベンチプレス→オープンチェーン
腕立て伏せ→クローズドチェーン

オープンチェーン種目→身体の一部に動きが限定される種目
クローズドチェーン種目→多くの部位を協調させて動かす種目

身体のパフォーマンスを伸ばすという意味では腕立て伏せのほうが最適です!

●よくあるフォームの間違い
1.腕がT字になる→手は頭より下に置き三角形になるように
2.身体が反ってしまう
原因①体幹の筋力が十分でない。。
原因②股関節の屈筋群と脊柱起立筋が硬くなって
骨盤がいつも前傾した状態になっている。
3.可動域全体を使わない
原因①体幹の筋力が十分でない。。
原因②股関節の屈筋群と脊柱起立筋が硬くなって
骨盤がいつも前傾した状態になっている。

●腕立て伏せのコツ
1.どんな時でも矢印型!
→矢印型にすることで
肩への負担が減ります
2.体幹を安定させる!
→骨盤を前傾や腰椎の伸展が
行わずできる負荷の強さを選びましょう
3.可動域全体を使える負荷で
→難しい場合には負荷の小さなバリエーション
からステップアップしていくようにしましょう!

矢印型とT字型の違い

●腕立て伏せのステップアップバリエーション
1.手を位置に上げる
普通の腕立て伏せがキツい人にオススメしたいバリエーションです。
徐々に手をつく位置を下げていくことで負荷を上げられます
2.レジスタンスバンドで補助
もう少しで普通の腕立て伏せができるという人に
オススメのバリエーションです

近日中に腕立て伏せのバリエーションの紹介動画を公開します!

お楽しみに^^

お問い合わせはこちらから→080-1792-4390

ホットペッパー→https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000494519/

TOPページ→https://onzabody.com/